賛美のこころ 工藤篤子

 


お待たせしました!
新刊のお知らせ

賛美のこころ
賛美のこころ
ー主のみ顔を仰ぎつつー

ISBN978-4-903748-02-3
C0016 Y1500E
定価:[本体1,500+税]
好評発売中
イーグレープより発行

ご注文

工藤篤子
プロフィール


 

 

目次
はじめに

第T部 私の走るべき道のり

第一章 歌唱に慰めを見出して
   “優等生”と呼ばれたその陰で
   神は、生きておられます
   愛をもてる人にしてください

第二章 備えられていた地、スペインへ

   マリミ先生との出会いから
   罪の重荷は下ろされた
   癒されたたましい
   地中海ソプラノ歌手

第三章 献身、ドイツで教会開拓

   声楽を捨てて
   親友マーシーに支えられて
   「歌手アツコ・クドウ」誕生
   野の花・空の鳥のように
   不従順、悔い改め、赦された喜び
   悔い改めと感謝を日々の土台に
   伝道とはいのちを捧げること
   日常化するテロの中で

第四章 伝道師就任――神の召しと選びによって
   「アツコの命を捧げてほしい
   修復の時・証しの時
   リューマチという棘の中にも
   片足を日本人伝道に浸しつつ

第五章 荒野に道を、荒地に川を――音楽ミニストリー設立

   賛美を通してみわざを日本へ、世界へ
   四面楚歌
   聖地旅行を霊的門出に
   「工藤篤子音楽ミニストリーズ」奉仕内容
   A 賛美ミニストリー
   B ヨーロッパでの伝道活動
   イタリアルネッサンス芸術の逆説

第六章 回復していく家族関係
   重荷を負う人たちと共に
   妹との和解へ
   「篤子が愛の人になったからだよ」

 第七章 み手の中で、これまでも、これからも
   世話人会の絆
   神の国とその義を第一として
   face to face (栄光から栄光へ)


 第U部 賛美は私の信仰告白

第一章 歌唱に慰めを見出して
   こころのリズム 賛美のリズム

   声はいただくもの
   音痴が教えた賛美のこころ
   賛美には力がある
   賛美は礼拝、私たちは賛美者・礼拝者
   賛美歌手になる条件
   告白し合い、祈り合い
   日々五つの感謝を捧げて
   『燃える歌・焼ける音楽』
   『神の民を慰めるために』


このページのtop

Copyright (C) 2008 e-grape Co.LTD. All Rights Reserved.