「叫ぶ石」

川端 光生


著者プロフィール

>> BackNo

自分でご破算
うそ発見機
残るもの
私は惨め
快適な生活
人生にエラーは普通
一流の条件
ブームは必ず去る
加藤嘉明の皿
絶対音感
苦しみの時に
50年前のエチケット
山形人の謙虚
主に交われば
科学が聖書の理想を
「はい」は「はい」
コペルニクス的転換
豊かな涙を流す
あなたの宝物
錯覚してませんか
自己実現で満足か
美人の基準
真価が問われる時代
N姉を偲んで
崩壊前夜の平和(上)
崩壊前夜の平和(下)
キリストを信じても
最も大切なもの
五十嵐建治
覚悟
神棚、仏壇を処分
黄金率
キム・ヨンギ
これを唱えなさい
祈りなしには生きられない
私は冬の木
正しい人ほど悔い改める
信仰が重荷になる理由
一歩前へ
クリスマスを祝う
平和を実現する人々
百円ショップ
憎悪は愛の哀願

「百円ショップ」で買える愛でいいですか

「(良い真珠を探している商人は)高価な真珠を一つ見つけると、出かけて行って持ち物をすっかり売り払い、それを買う。」(マタイ13・46)

 今は百円ショップ全盛の時代ですね。私もその常客で、極力百円ショップにあるもので間に合わせています。そしていつのまにか、百円商品に限らず、何でも安い物を探すようになりました。衣服も靴も電気製品も食品もそうです。キリストの言葉どおり、何を食べるか着るかに頓着しないようにしていると言えば、聞こえはいいのですが・・・しかし、先日、「ゴミは本能的に安いルートを探し当てる」という言葉に出会ってどきっとしました。おいおい、私はゴミ箱か、と。
やはり安物で間に合わせていいものと、よくないものがあるのですね。特に、私たちの心を飾るものは、絶対に安物で間に合わせてはいけません。体もそうですが、心も安物になじむと本物が分からなくなってしまいます。世の中は、「百円ショップ」でも買えそうな安物の愛や希望があふれています。そんな使い捨ての愛、手軽な平安、偽の希望で、その場その時をごまかして生きてしまいたくなる時代です。
自分の心だけは、「百円ショップ」の愛で満たしてはなりません。高価な愛、本物の希望を獲得べきすべきであり、そうするためには相応の労苦を惜しんではなりません。
「良い真珠」を探している商人は、価値ある真珠を見つけたら、「出かけて行って持ち物をすっかり売り払い」それを買います。本物の愛、真の命を知ったら、私たちもそれに自分の全人生を捧げたいと思います。
あなたは何に一番お金をかけていますか。何に最も命を注いでいますか。(仕事以外の)何に一番時間をかけていますか。それはそうするにふさわしいほど「高価なもの」ですか。
それとも、百円で買えるような安物の愛、希望、平安で自分をごまかして生きていきますか。

 

top

Copyright (C) 2008 e-grape Co.LTD. All Rights Reserved.