「叫ぶ石」

川端 光生


著者プロフィール

>> BackNo

自分でご破算
うそ発見機
残るもの
私は惨め
快適な生活
人生にエラーは普通
一流の条件
ブームは必ず去る
加藤嘉明の皿
絶対音感
苦しみの時に
50年前のエチケット
山形人の謙虚
主に交われば
科学が聖書の理想を
「はい」は「はい」
コペルニクス的転換
豊かな涙を流す
あなたの宝物
錯覚してませんか
自己実現で満足か
美人の基準
真価が問われる時代
N姉を偲んで
崩壊前夜の平和(上)
崩壊前夜の平和(下)
キリストを信じても
最も大切なもの
五十嵐建治
覚悟
神棚、仏壇を処分
黄金率
キム・ヨンギ
これを唱えなさい
祈りなしには生きられない
私は冬の木
正しい人ほど悔い改める
信仰が重荷になる理由
一歩前へ
クリスマスを祝う
平和を実現する人々
百円ショップ
憎悪は愛の哀願

クリスマスを祝う

 クリスマスの起源は古代ローマの異教の冬至祭(太陽神ミトラの誕生を祝う祭)であるとされ、クリスマスを祝わないことにしている教会もあります(エホバの証人も拒否している)。確かに12月25日という冬の寒い日に家畜小屋でキリストがお生まれになったとは思いません。羊飼いが戸外で寝ずの番をできる季節でもありません。しかし、地上にお生まれになったことは事実であり、キリストの来臨が世界を変えたのですから、その日を定めてお祝いするのは当然のことだと思います。

 また、教会はクリスマスの祝会を自粛すべきだ、というクリスチャンもいます。貧しい人、孤独の人、病気の人たちにとって、みんなが楽しそうにしているクリスマスシーズンは、自分の不幸がなお一層身にしみる時だからだ、というのです。確かにそうです。私も子供の頃、クリスマス、正月の家庭の暗さは辛いものでした。東京で孤独な学生であっときも寂しさは募りました。「いのちの電話」によると、自殺志願者が増えるのだそうです。以前、病院やホームや施設を訪問したときも、年末年始は気がめいると聞かされました。

 しかし、だからといって、クリスマスは教会が同じ暗さの中に沈んでいるべき時ではありません。「暗やみの中にすわっていた民は偉大な光を見、死の地と死の陰にすわっていた人々に、光が上った。」(マタイ4・16)のですから、私たちはキリストの御聖誕を精一杯喜び、感謝し、祝うべきです。クリスマスはその喜びの中に人々を招き入れる時です。一緒に喜ぶ時であって、一緒に悲しむ時ではありません。

 イエスがお生まれになった日、社会の最底辺にいた羊飼いたちに現れた御使いは、彼らに「あなたがたの辛さを共にいたむために来た」とは言いませんでした。「素晴らしい喜びを知らせに来た」(ルカ2・10)と告げたのです。
共に悲しむことを否定しているわけではありません。ただ、クリスマスは喜びを伝え、共に喜び楽しむ時であることを忘れてはならないと思うのです。でなければ、神の子が神のあり方を捨てて人となり、私たちを豊かにするために貧しくなってくださったというクリスマスの意味がぼやけてしまいます。

 クリスマスから正月を寂しく過ごすと思われる人に、キリストが来られた喜びを伝えるために、一人でいいので、クリスマスカードか年賀状を出すことをお勧めします。

top

Copyright (C) 2008 e-grape Co.LTD. All Rights Reserved.