「叫ぶ石」

川端 光生


著者プロフィール

>> BackNo

自分でご破算
うそ発見機
残るもの
私は惨め
快適な生活
人生にエラーは普通
一流の条件
ブームは必ず去る
加藤嘉明の皿
絶対音感
苦しみの時に
50年前のエチケット
山形人の謙虚
主に交われば
科学が聖書の理想を
「はい」は「はい」
コペルニクス的転換
豊かな涙を流す
あなたの宝物
錯覚してませんか
自己実現で満足か
美人の基準
真価が問われる時代
N姉を偲んで
崩壊前夜の平和(上)
崩壊前夜の平和(下)
キリストを信じても
最も大切なもの
五十嵐建治
覚悟
神棚、仏壇を処分
黄金率
キム・ヨンギ
これを唱えなさい
祈りなしには生きられない
私は冬の木
正しい人ほど悔い改める
信仰が重荷になる理由
一歩前へ
クリスマスを祝う
平和を実現する人々
百円ショップ
憎悪は愛の哀願

一歩前へ

 郊外でのことです。脇道から大通りに出ようとして、赤信号で並ぶ車の後ろにつきました。すでに10台近くの車が待っていました。しかし、並んでから4、5分たっても、いっこうに青に変わりません。私の車の後ろにも10台ほどの車が並びました。ということは、先頭車は10分近く待っているわけです。やはりこれは何かがおかしいと感じ、私は運転席を降りて、先頭車の所に行ってみました。すると、たぶんそうではないかと思っていたとおりのことが起こっていました。信号は、歩行者はボタン押し、車はセンサーで感知するというタイプのものなのですが、先頭車が停止線の2メートル近くで止まっているので、センサーが作動していないのです。
「なんてことだ。このまま待っていたら日が暮れる。」私は歩行者用ボタンを押して、自分の車に飛んで戻りました。5秒もしないうちに青信号になったからです。
それにしても、こんなに長く待っても青に変わらない信号を、誰もおかしいとは思わなかったのでしょうか。そんなはずはないでしょう。おかしいと思いながら、行動しないのです。先頭車はほんの1メートルほど前進すれば、センサーに触れることがきました。
「一歩前へ進めば青になる。しかし、待っているかぎりいつまでも赤」ということが、私たちの人生にも起こります。ヨシュアに率いられたイスラエルがヨルダン川を渡るときもそうでした。川の前で立っているだけでなら、いつまでも何も起こりませんでした。祭司が一歩川に足を踏み入れた時、水はせき止められたのです(ヨシュア記3章)。
もちろん一歩前進してもまったく何も起こらないこともあるでしょう。そのときは別の道を考えればいいわけです。いずれにせよ、突撃しなくても、一歩踏み出せば、次にどうすればいいかわかります。
すでに時が来ているのに、単なる怠慢で先延ばししたり、失敗するかもしれないという恐れや拒絶されればどうしようという不安で足踏みしたりしてきたことはありませんか。聖霊の後押しを感じたら、踏ん張らずに一歩踏み出してみましょう。新しい年、その一歩があなたに新しい信仰の世界、新しい人間関係、未発見の祝福をもたらしますように。

top

Copyright (C) 2008 e-grape Co.LTD. All Rights Reserved.