「叫ぶ石」

川端 光生


著者プロフィール

>> BackNo

自分でご破算
うそ発見機
残るもの
私は惨め
快適な生活
人生にエラーは普通
一流の条件
ブームは必ず去る
加藤嘉明の皿
絶対音感
苦しみの時に
50年前のエチケット
山形人の謙虚
主に交われば
科学が聖書の理想を
「はい」は「はい」
コペルニクス的転換
豊かな涙を流す
あなたの宝物
錯覚してませんか
自己実現で満足か
美人の基準
真価が問われる時代
N姉を偲んで
崩壊前夜の平和(上)
崩壊前夜の平和(下)
キリストを信じても
最も大切なもの
五十嵐建治
覚悟
神棚、仏壇を処分
黄金率
キム・ヨンギ
これを唱えなさい
祈りなしには生きられない
私は冬の木
正しい人ほど悔い改める
信仰が重荷になる理由
一歩前へ
クリスマスを祝う
平和を実現する人々
百円ショップ
憎悪は愛の哀願

私は冬の木

 私は田舎の貧しい農家に生まれた。幼い頃、足に異常が見つかり、あちこちの病院へ行ったが治らず、ついに立てなくなって、小学校も卒業できないまま家に閉じこもるようになった。訪れる友はなく、孤独な日々を過ごし、神を恨み、世間を恨んだ。自殺も考えたが、「自殺するために生れてきたのか」と自分が惨め過ぎて、できなかった。

 母は時おりどうしようもない感情をそのまま冷酷な言葉に乗せて、私にぶつけた。そんな日は一日どん底に落ち込んだ。春の若葉は私の絶望を際立たせ、かいま見える夏空の青さはいっそう悲しみに突き落とした。

 自分にも何かできることはないかと、鉛筆で絵を描いてみた。それが知人の手に渡り、上手だと評価された。父に水墨画を描きたいので、少しお金が欲しいと頼んだが、弟たちの学費を出すのが精一杯だと断られた。私は家族の足手まといに過ぎなかった。

 ある冬の日、家で宴会があり、客に障害者の私を見せたくない両親は、毛布一枚で家の裏に追い出した。家から聞こえてくるにぎやかな声を聞きながら、無防備に寒風にさらされて震えている冬枯れのポプラを見つめた。「私は冬の木だ」と思った。

 二十歳を過ぎた頃、そんな怒りと悲しみに満ちた人生に転機が来た。ある日、一人の女性クリスチャンの訪問を受けた。彼女は信仰を強要せず、ただ私の話し相手になったり、手と足の爪を切ってくれたりした。私は彼女にキリストの愛を感じ、救い主を受け入れた。それ以後も、歩けない事実とその苦痛は少しも変わらなかったが、苦しみの意味だけは変わった。今までの苦しみには、苦しみ以外の意味はなかった。しかし、今は苦しみが私の心をキリストの愛と希望に向けるようになった。「今の時の軽い患難は、私たちのうちに働いて、測り知れない永遠の思い栄光をもたらす」(Uコリ4・17)という確信が私の心に生れた。

 今も私は冬の木だ。でも、春を夢見る冬の木だ。今まで味わってきた悲しみは、冬の間に固まって私の内で年輪となる。私がキリストから受けた鍛錬のしるしだ。この年輪が私を強くする。私は主に祈る。「人から受ける助けを堂々と受ける勇気をください。そして、私も人を助けることができるようにしてください」と。
(『人生の山を越える』から「夢見る冬の木」翻訳要約)。

top

Copyright (C) 2008 e-grape Co.LTD. All Rights Reserved.