「叫ぶ石」

川端 光生


著者プロフィール

>> BackNo

自分でご破算
うそ発見機
残るもの
私は惨め
快適な生活
人生にエラーは普通
一流の条件
ブームは必ず去る
加藤嘉明の皿
絶対音感
苦しみの時に
50年前のエチケット
山形人の謙虚
主に交われば
科学が聖書の理想を
「はい」は「はい」
コペルニクス的転換
豊かな涙を流す
あなたの宝物
錯覚してませんか
自己実現で満足か
美人の基準
真価が問われる時代
N姉を偲んで
崩壊前夜の平和(上)
崩壊前夜の平和(下)
キリストを信じても
最も大切なもの
五十嵐建治
覚悟
神棚、仏壇を処分
黄金率
キム・ヨンギ
これを唱えなさい
祈りなしには生きられない
私は冬の木
正しい人ほど悔い改める
信仰が重荷になる理由
一歩前へ
クリスマスを祝う
平和を実現する人々
百円ショップ
憎悪は愛の哀願

崩壊前夜の平和(上)

 まず、1987年元旦の朝日新聞に載っている対談記事を紹介しましょう。87年はバブルまっさかりの年です。発言者はカトリック信者の加賀乙彦さんです。

 「(昭和10年は、)雰囲気とかが奇妙に現代に似ているところがあります。昭和10(1935)年は空前に経済繁栄し、社会は安定していた。生糸、綿布の輸出は英国を抜いて世界一になっていたし、国民総生産は飛躍的に増大していた。勢力圏からいっても、旧満州、北樺太、マーシャル群島という風に空前の広がりを見せていた。そして国民全体は一種の安定感にひたっていたのです。満州事変や上海事変などがあって、不気味な影は刻々と迫っていたのに、時代の空気は非常に楽天的なのですね。・・・国民の意識は、戦争をしているというのではなく、平和を謳歌している。その平和のために現状を維持したいという気持ちが強い。その現状を守るために・・・軍備をどんどん拡張する。その軍備拡張のおかげで日本は好景気になった。で、・・すべてが吹っ飛んだのが2・26事件でしょう。すべてが崩壊するまでに、一年もかかっていない。同じようなことが今の日本にもいえる(6年後日本は太平洋戦争に突入する)。」

 実は同時期のヨーロッパも同じで、台頭するナチスドイツに目をつむり、英仏の国民は自国だけの平和に執着して、「平和、平和」と叫んでいました。
  大崩壊する前に、国民が偽りの繁栄と平和を謳歌し、忍び寄る崩壊に目をつむって楽天的になることは、人類が歴史の中で何度も繰り返してきたことです。聖書も、「彼らは、わが民の破滅を手軽に治療して、平和がないのに、『平和、平和』と言う。」(エレ6・14)「平和がないのに、彼らが『平和だ』と言ってわたしの民を惑わす」(エゼ13・10)と語り、その後破滅が襲ったことを記録しています。

 加賀さんがあの発言をしてから17年になります。その間、バブルが崩壊し、湾岸戦争があり、世界は不況に陥り、環境破壊は進み、昨年はイラク戦争が勃発しました。今私たちが見ているのは「偽りの平和」であることは明らかですが、それでも平和気分にひたり、忍び寄る崩壊に目をつむっているのではないでしょうか。

Copyright (C) 2008 e-grape Co.LTD. All Rights Reserved.