「叫ぶ石」

川端 光生


著者プロフィール

>> BackNo

自分でご破算
うそ発見機
残るもの
私は惨め
快適な生活
人生にエラーは普通
一流の条件
ブームは必ず去る
加藤嘉明の皿
絶対音感
苦しみの時に
50年前のエチケット
山形人の謙虚
主に交われば
科学が聖書の理想を
「はい」は「はい」
コペルニクス的転換
豊かな涙を流す
あなたの宝物
錯覚してませんか
自己実現で満足か
美人の基準
真価が問われる時代
N姉を偲んで
崩壊前夜の平和(上)
崩壊前夜の平和(下)
キリストを信じても
最も大切なもの
五十嵐建治
覚悟
神棚、仏壇を処分
黄金率
キム・ヨンギ
これを唱えなさい
祈りなしには生きられない
私は冬の木
正しい人ほど悔い改める
信仰が重荷になる理由
一歩前へ
クリスマスを祝う
平和を実現する人々
百円ショップ
憎悪は愛の哀願

「はい」は「はい」、「いいえ」は「いいえ」

 日本人は、「いいえ」という言葉を日常生活の中ではあまり使わないそうです。特に、人の誘いを断るときや意見を否定する時には使いません。「いいえ」を使うと人を傷つけたり対決姿勢を示したりすることになるからです。

 たとえば、「今日、ボウリングに行きませんか」という誘いを断る場合は、「あの、ちょっと、ボウリングは・・」とか、笑いながら「う〜ん、ボーリング(つまらない)」と駄ジャレを言ったりします。「いいえ」とは言いにくいのです。「ちょっと」「う〜ん」が「いいえ」の婉曲的表現なのでしょう。

 アメリカに住んでいたある日本人から、「イエスかノーかはっきり言ってください」と言われ、それできっぱりと「ノー」と答えたところ、やっぱり気分を害させたことを後で知りました。はっきり言ってくれと言われも、日本人には婉曲表現が無難なようです。

 ある学者によれば、日本人が「いいえ」を使うのは、人からほめられたときと、人がへりくだったときだそうです。そのときは、「いいええ」と強調し、「そんなことないですよぉ」と言うのです。いつも相手の気持ちを推し量っているんですね。

 しかし、サタンに対しては気持ちを推し量ることも遠慮することもなく、明確に「いいえ」と対決姿勢を示さなければなりません。「ちょっと」「う〜ん」では、付け込まれ、押し切られてしまいます。サタンの気分を害させるほどに「答えはノーだ。下がれサタン」と断言すべきです
  ヤコブ書は「はい」を「はい」、「いいえ」を「いいえ」としなさいと、教えています(4・12)。サタンへの「いいえ」は100%の「いいえ」、キリストへの「はい」は100%のまがうことなき「はい」でありたいです。

 

Copyright (C) 2008 e-grape Co.LTD. All Rights Reserved.