「叫ぶ石」

川端 光生


著者プロフィール

>> BackNo

自分でご破算
うそ発見機
残るもの
私は惨め
快適な生活
人生にエラーは普通
一流の条件
ブームは必ず去る
加藤嘉明の皿
絶対音感
苦しみの時に
50年前のエチケット
山形人の謙虚
主に交われば
科学が聖書の理想を
「はい」は「はい」
コペルニクス的転換
豊かな涙を流す
あなたの宝物
錯覚してませんか
自己実現で満足か
美人の基準
真価が問われる時代
N姉を偲んで
崩壊前夜の平和(上)
崩壊前夜の平和(下)
キリストを信じても
最も大切なもの
五十嵐建治
覚悟
神棚、仏壇を処分
黄金率
キム・ヨンギ
これを唱えなさい
祈りなしには生きられない
私は冬の木
正しい人ほど悔い改める
信仰が重荷になる理由
一歩前へ
クリスマスを祝う
平和を実現する人々
百円ショップ
憎悪は愛の哀願

私は惨め

 ときどき、いやたびたび「自分は惨めだなあ」と思います。そのたびに使徒パウロの「私には、自分のしていることがわかりません。・・・・私はほんとうに惨めな人間です」(ローマ7・15〜24)という歎息を思い出して、慰められます。彼のような信仰の勇士が「自分は惨め」と言うなら、私がそう思うのは当然です。しかも、パウロは「兄弟たち。私のようになってください」(ガラ4・12)と言っているのですから。

 しかし、自分の惨めさがわかればわかるほど、そんな私を憐れみ私の身代わりに十字架上で惨めさを味わってくださったキリストの愛が身にしみます。
  パスカルは「自己の悲惨さを知らずに神を知ることは傲慢を生む。神を知らずに自己の悲惨さを知ることは絶望を生む」「自己の悲惨さを知るのは悲惨なことであるが、人間が悲惨であることを知っているのは偉大である」「神と自己の悲惨を同時に知ることなしには、イエス・キリストを知ることはできない」(パンセ)と語っています。曽野綾子さんも「世の中で度外れの楽天家というのは、信仰と関係なく生きている人である」(「愛と許しを知る人びと」)と書いています。神を知らない楽天は悲惨そのものということでしょう。

 たいていの人が自分は弱い、ダメな人間だと思います。神を知らない人が口する「私はダメだ」には絶望の響きしかありません。しかし、神の愛と恵みを知っている人の「私はダメだ」には、「でも主はそんな私をも・・・」という感謝と希望があります。失敗したり落ち込んだりしたときに、「私はダメな人」と口をついて出そうになったら、パウロのように、「私は本当に惨めな人間です。誰がこの死の体から、私を救い出してくれるのでしょうか。私たちの主イエス・キリストのゆえに、ただ神の感謝します」(ローマ7・24、25)と口に出しましょう。

Copyright (C) 2008 e-grape Co.LTD. All Rights Reserved.