Back No <1> <2> <3> <4> <5> <6> <7> <8> <9> <10> <11> <12> <13> <14> <15> <16> <17> <18> <19> <20> <21> <22> <23> <24> <25> <26>



著者プロフィール


バイブルメッセージ   

−わたしたち人間の能力ではできない仕事を、あえてさせてくださる神−

森正行氏


1.実現する神の言葉=聖書

(1) 聖書=神の言葉

旧約聖書のイザヤ書55章8〜11節には次のように記されています。

「わたしの思いは、あなたがたの思いと異なり、わたしの道は、あなたがたの道と異なるからだ。・・主の御告げ。・・
天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。
雨や雪が天から降ってもとに戻らず、必ず地を潤し、それに物を生えさせ、芽を出させ、種蒔く者には種を与え、食べる者にはパンを与える。
そのように、わたしの口から出るわたしのことばも、むなしく、わたしのところに帰っては来ない。必ず、わたしの望む事を成し遂げ、わたしの言い送った事を成功させる。」

ここに「わたし」と書かれているのは神様自身のことです。そして「あなたがた」と書かれているのは私たち人間のことです。

上記の聖書の言葉は、私たち人間に対する神様の言葉であり、私たち人間に対する神様からのメッセージなのです。
子供が母親の声を聞くように、私たち人間が自分の耳で神様の声を直接聞くようなことはあまりありません。
そこで神様は、私たち人間が、神様のことや神様の思いを知るために、聖書の言葉を用意されました。
儒教の孔子や老子の言葉も、仏陀の経典も、哲学書も、これらは人が悟った言葉と言えるのではないでしょうか。
しかし、聖書の言葉は、イザヤ書55章8〜11節に記されているように、人間に対する神様からのメッセージ集なのです。
神様のメッセージを文字にして書いたのは、イザヤというユダヤ人の預言者でしたが、イザヤは自分が悟ったところを書いたのではなく、神様との祈りの中で、神様がイザヤに示されたことを書き記しました。
したがって、私たちが今、聖書の言葉に耳を傾けているということは、神様の声に耳を傾けているのと同じなのです。そして、私たちの一度限りの人生にも真の大いなる神様が深く関わってくださるのです。

祈り

「私たちの天の父よ、御名をあがめます。
  神様、私たちは今、神様が私たちに対して聖書の言葉を通してメッセージを語られておられることを知りました。
神様が私たちに対して、どのようなメッセージを送って下さっているのか私は知りません。私に教えてください。私によくわかるように理解させてください。
この願いをイエス・キリストの名によってお祈りします。アーメン。」

top

Copyright (C) 2004 e-grape Co.LTD. All Rights Reserved.