Back No <1> <2> <3> <4> <5> <6> <7> <8> <9> <10> <11> <12> <13> <14> <15> <16> <17> <18> <19> <20> <21> <22> <23> <24> <25> <26>



著者プロフィール


バイブルメッセージ   

−わたしたち人間の能力ではできない仕事を、あえてさせてくださる神−

森正行氏


1.実現する神の言葉=聖書

(3) 愛し合うことを目的とした言葉

 「わたしの思いは、あなたがたの思いと異なり、わたしの道は、あなたがたの道と異なるからだ。
・・主の御告げ。・・
天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。」
旧約聖書 イザヤ書55章8〜9節

 神様の思われることと、私たち人間が思うこと、私たちが幸せのために思い描く計画・道と、神様が立てられている計画・道とは、「異なる」、と言われています。
それはどのように異なるかというと「・・主の御告げ。・・天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。」と、言われています。

 私たちは皆それぞれ、自分や家族、周囲の人々のために、どうしていけば幸せになるのかを考え計画しますが、神様も私たちに対して、私たちが幸せになるための計画を立ててくださっているのです。
そして、神様が私たちのために立ててくださっている計画は、私たち人間が立てる計画よりも、はるかに「高い」のです。

 私たちが街中で地上に立って物を見る時は、周囲の物しか見えません。しかし、地上100メートルの高さから周囲を見ると、もっと遠く広い地域まで見渡すことが出来ます。地上に立っているだけでは見えなかったものも高い所に上がると見えるようになります。

 私たちは私たちの知り得る情報の中でしか、事業計画を立てることはできません。しかし、神様が認知されている情報は、この世の全てのものに及んでいます。
私たちは、明日何が起こるのかを知りません。
しかし、神様は明日も遠い未来も何が起こるのかを知っておられます。

 また、私たちは兎角、自分のことばかりを考えがちです。
 しかし、神様は、私たち自身だけではなく、私たちの周囲の人を愛しておられます。
 それだけではありません。私たちが名前も知らない周囲の人たちにも目を向け愛しておられます。
 私たち人間は、一般的に自分の幸せや家族の幸せ、あるいは会社の発展を望むことはあっても、他人の幸せやライバル会社の発展を念頭に置くことはありません。
 しかし、神様は私たち自身だけを幸せにしようとは考えていません。私たち自身を含め周囲の人々をも幸せにしたいと思われ、ご計画されているのです。

 私たち人間が知り得ること、思い描くことは、神様と比べれば、天と地ほどの差がある、と言うことを事実として受けとめ、「自分の思い描くことは最善とは限らない」と言う謙虚さが必要です。

「互いに愛し合う」ことを事業や使命の理念とするなら、神様のバックアップによって、周囲をも潤し、尊敬される会社、人格者に変えられ、育っていきます。

祈り

「私たちの天の父よ、御名をあがめます。
  神様の思いと私たちの思い、神様のご計画と人の計画は大きく異なり、神様の思いとご計画は、はるかに勝っていることを知りました。
  また、私たちの人生は私たちだけが考えていたのではなく、神様がご計画を立てておられたことを知りました。
  そして、私たちは自分のことを優先して生きてきました。しかし、神様は私たちの周囲の人々を視野に入れて豊かにしようとご計画されていることを知りました。
それはどのようなご計画なのでしょうか。きっと私たちの頭脳で考えても想像も及ばないことでしょう。神様のご計画を教えてください。
  神様のご計画を実現してください。そのご計画に、私も加えてください。
この願いをイエス・キリストの名によってお祈りします。アーメン。」

top

Copyright (C) 2004 e-grape Co.LTD. All Rights Reserved.