Back No  <Back Number>


テモテ・コール
著者プロフィール


家庭と仕事 

テモテ コール執筆 ファミリー・フォーラム代表


世界で最もロマンチックでない男性たち

「世界で最もロマンチックでない男性たち」という見出しに目を引かれ、読売新聞の記事を読みはじめました。もう十年近く前の事なので詳細は覚えていませんが、ロマンス小説を出版しているカナダのハーレクイン社が、主な先進国の女性たちに、自分の国の男性を男女関係に関する、二十数項目の質問で評価してもらったところ、一項目を除いて全ての項目で日本人の男性の点数が一番低かったそうです。つまり「世界で最もロマンチックでない男性」とは日本人の男性のことだったのです。

このレポートが事実でなければ嬉しいのですが、日本全国で私たちが行っているセミナーでも、ハーレクイン・レポートと同じようなコメントを、多くの女性から聞いているのが現実です。よく聞かれるのは
「結婚したとたん、会話が少なくなった」
「誕生日も覚えていてくれないし、プレゼントもくれない」
「問題があるのに話し合おうとしない」
「家にいても私や子どもたちを無視して、自分のやりたいことをやっている」
「夫に対してもう何も期待していない。期待するとかえって失望するだけ…」

前回のこのコラムでは、夫たちが特に必要としている「尊敬」について考えましたが、残念ながら、日本の夫たちは自分の妻からの尊敬を失っているようです。
そして、その責任と家庭崩壊の大部分は夫たちの肩にかかっているように感じます。メル・ギブソン主演の映画「ハート・オブ・ウーマン」のストーリーは、主役の男性が突然身近の女性の思いを全て聞き取れるようなったため、女性に対する接し方が全て変わり、ようやく本当の愛を見つけた、と言う筋でした。男性が尊敬されたいのなら、そして安定した家庭生活と夫婦関係を望むのであるなら自分の妻の心の思いを聞き取り、何を求めているかを理解し、それを実行することにもっと力を注がなくてはなりません。

しかし、男性はメル・ギブソンのような超能力を持っていませんので、女性たちに聞きながら学ぶしかありません。いろいろな女性たちの話を聞くと、彼女らは何よりも、夫に愛されたいということが分かります。つまり夫にとって、自分が、「仕事よりも、車よりも、パソコンよりも、他の何よりも大切である」と言うことを具体的に表して欲しいのです。ある主婦は自分の父親のことをとても尊敬しているそうです。と言うのは、彼女の父親は七十代になっても、母親のことを「君が一番きれいだよ」と言ったり、着ている服を誉めたり、帰る途中には必ず電話を入れて「何か買って来て欲しいものある?」と聞いたりするからです。そのお母さんは常に「お姫さま気分」で幸せだそうです。そのお父さんは明らかに妻の心をつかんでいます。

ところで、妻たちにとって自分が最も愛されていることのしるしは何でしょうか。多くの女性は、それは話を聞いてくれることだと言っています。と言っても話をただ聞き流すのでは何の意味もありません。あるいは逆に話の内容に判断を下したり、すぐに話している問題の解決案を出す聞き方も間違いです。大切なのは内容を良く聞き取り、気持ちをよく分かってあげることです。次の会話を例にとり上げましょう。
妻:「今日子どもを新しい病院に連れて行くのに迷っちゃって30分も遅れちゃった」に対して多くの男性は
夫:「おまえ、またカーナビ使わなかったんだろ。だから早く使い方を覚えろって言ってんだろ」と反応しがちですが、そうでなく
夫:「そうか、子どもが熱を出しているのに迷っちゃうとあせるよね。しかも、はじめて行く病院に遅れるのも恥ずかしいし。大変だったね」
と応えれば、妻は夫が自分の話を良く聞いてくれたことも、気持ちを分かってくれたことも感じ、大事にされたと思うのです。

同じコミュニケーションの問題ですが、多くの女性は一日の間に夫から連絡があることも愛情の表れとして受け止めます。いや、もっと正確に言うなら、そういう連絡がないことを愛情のなさとして解釈する傾向があるでしょう。ほとんどの男性は一度に一つのことにしか集中出来ない性質を持っています。ですから、家を出て会社に行くと仕事に専念し、妻や子どものことをあまり意識せずに、連絡をとる必要性も感じずに一日を過ごします。また、必然的に男性が毎日取り組む課題もほとんど家の外のことですから、そういうことで頭が一杯で、奥さんが常に考えている家庭内の課題「家族一人一人の予定や食事の準備や家計などのようなこと」まで思いが行き届かないのです。しかし、妻はそういうことを「私に対して無関心」、「私を大切に思っていない」と感じることが多いでしょう。ですから夫が昼休みに「今日の調子どう?」と言う電話を入れたり、帰る前に時間を知らせるなどをしてくれると、夫の思いやりが分かるのです。

もう一つの愛情表現は誕生日、記念日、母の日などを覚えて、お祝いしてあげることです。こういうことに関する女性の期待はいろいろであることは確かですが、大切なのは一年の間に、時々、普通の生活とは違った形で「おまえは私にとって大事な存在だ」ということを、妻が喜ぶ形で示すことです。それは、お付き合いの時にはあたりまえだったことを結婚してからでもし続けることです。私(コール)は妻に出会った最初の年のバレンタイン・デーに彼女にカーネーションを一本あげたのですが、その時から毎年カーネーションの数を一本ずつ増やし今まで続けています。これは彼女にとって大きな象徴的な記念の意味をもったことで私が絶対忘れないように努力しているイベントです。

こういう愛情の表現を妨害するのは何でしょうか。日本の場合は忙しさ、そして特に仕事の忙しさが最も大きな問題でしょう。仕事に長時間を費やしている夫たちは常に急いで、疲れ果て、イライラし、これ以上自分達の生活を複雑にするものを望みません。その気持ちは良く分かりますし、ほとんどの夫たちはまさに、家族のために一生懸命働いているのですから・・・。しかし夫婦関係や親子関係を犠牲にしてまでも仕事の奴隷になってしまうことは決して健全なことではありません。ストレスの多い毎日や過剰な疲れに対する解決は、もっと賢く仕事を制御することにあるのです。それは例えば、もっと効率良く仕事する工夫をし、仕事をやめるべき時間を守り、家族のメンバーとの時間を仕事でのお付き合いより重視する心構えを持つことなどから始まります。

もう一つの障害物は男性と女性が違う「周波数」でコミュニケーションをとろうとしていることです。妻がFMで発信していれば、夫はAMで受信します。彼女が音楽で伝えようとしているものを彼はニュースとして聞き取ろうとするのです。そのため、多くの場合には妻と夫の間に理解と伝達の越えにくい隔たりが生じてきます。でも、相手が自分と同じものごとの捉え方をしているだろうと思ってはなりませんし、隔たりを乗り越える努力をしなくなることも大間違いです。コミュニケーションにギャップがあっても努力して、気持ちを理解したり、伝えたりして愛情を表現しましょう。

聖書には「夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたように、あなたがたも、自分の妻を愛しなさい。」とあります。(エペソ5:25)さらに、 「妻が女性であって、自分よりも弱い器だということをわきまえて妻とともに生活し、いのちの恵みをともに受け継ぐ者として尊敬しなさい。」(Tペテロ3:7)ともあります。日本の夫たちがこのことばを心に留め、自分が仕えられるべき者ではなく、妻に仕えるべき者だと自覚しながら、結婚生活に関して心をいれかえるならば、次のロマンス・レポートまでにはきっと輝く成績を出すことができることでしょう。

top

Copyright (C) 2004 e-grape Co.LTD. All Rights Reserved.